協働プログラム募集情報(メルマガNo.171027)

■■協働(ボランティア)プログラム募集のお知らせ■■
先日の台風では、関西の広い範囲で様々な被害が報告されましたが、
皆さんの周りは無事だったでしょうか。今週末にも台風接近の予想が出ています。
交通機関の乱れなどの影響も予測されますので、最新情報に気をつけてくださいね。
■伝統芸能公演(講談・能・落語など)のモニター鑑賞ボランティア■

モデル公演を鑑賞し、ビジターの観点から評価するというボランティアです。

[事業主体] 大阪市経済戦略局文化課
[活動日時] 2017/12/4(月) 16:00~17:30(開場は15:30)
[活動場所] 山本能楽堂(〒540-0025 大阪府大阪市中央区徳井町1丁目3−6)
※地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、4番出口より徒歩約5分
[活動内容] モニター鑑賞
講談・能・落語の鑑賞、お座敷遊び体験などにモニターとして参加していただきます。

『はじめての上方伝統芸能SHOW vol.2』
※公演の詳細は、添付のチラシをご確認ください。
プログラム
・公演1講談(こうだん)「能の楽しみ方」旭堂 南青(きょくどう なんせい)
・公演2半能(はんのう)「高砂」林本 大(はやしもと だい)ほか
・公演3落語(らくご)「(演目未定)」桂 米團治(かつら よねだんじ)
・お座敷遊び体験

※この公演は、通常の公演とは違い、全国各地で活発的に展開されている
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた文化プログラムの動きをふまえ、
将来的に“大阪ならでは”の伝統芸能を初心者の方や国内外のビジターに向けて広く
発信することを目的に実施するモデル公演です。
ボランティアの皆さんには、ビジターの視点でモデル公演を鑑賞いただき、鑑賞後に
「このような公演が、大阪に来訪するきっかけとなるか」などの項目からなる
アンケートにより、評価いただきます。

【募集条件】
・今回の公演および終了後の評価(アンケート)は、全て日本語にて実施しますので、
ある程度の日本語対応が可能な方に参加いただきたいと考えています。

※交通費、食事等の補助はありません。

[募集人数] 10名
[応募締切] 定員に達し次第、締め切ります。

 

★応募は、申込フォームから行ってください。
(応募いただいた方には、事務局からご連絡差し上げます。
「@nasic-is.co.jp」からのメール受信を許可しておいてください。
また電話は、「0120-749-155」を発信番号にしてご連絡します。)

 

[メールマガジン発行元]
OSAKA留学生ネットワーク事務局(株式会社ナジック・アイ・サポート)
TEL:0120-749-155
Mail:osaka-global@nasic-is.co.jp
担当:長谷川(はせがわ)